偽物のチーズ

多用されるチーズ、安いものは、本物のチーズではなくてニセモノ何ですけどね、あんがい知らずに食べてるんですよね。
確かにチーズの味はするし、香りもするけど、チーズじゃないチーズって多いんですよね。
じゃそれは何?ですけど、わたしもよく知らないし(!)説明はできないんです。
でも本物ではない、というのはわかるし、知ってます。
なのでそういうのは食べません。
いちど、コンビニで買ったグラタンを食べたことがありますが、あれもニセモノで、途中で食べるのをやめたことがあります。
美味しくもないし、なんかきもち悪くて。
体にいいとは思えない。
まずいから食べるのやめた、もありますね。どこのコンビニか、は書きませんけど。
他の人は美味しいって言って食べてますので、美味しいのだと思いますよ(今更持ち上げても遅い?)。
わあしにはだめでしたけど。
(本物を知っているから??笑)

芸能人のジム通い

芸能人の多くはジム通いをしています。セレブ専用のジム、、とか。
そんななので、ジム内で芸能人同士が会う、ってことも不思議ではなく。
キムタクが通うジムに有良くんが行っていて、どうもキムタクと有吉くんてあまり仲が良くないらしく、
有吉くんがキムタクをガン無視したとかしないとか。
噂ですがね。。
仲が良いという噂もあるそ、、、そこはもう、、、噂ってことで(笑)。
ジムでは虫も何も、あまり話しかけて欲しくないですよね、、集中したいし。
特に芸能人は忙しいし、専属のトレーナーもつけてると思うから、あまり気軽に話しかけるものでもない感じがします。
本当のところはどうなのか知らないですがね。
芸能人がよく行くジム、というのがどこなのかも知りたい気分だ。。
そこに行っても「サインください」とは言えない雰囲気なんだろうけど。

お金持ちと結婚が幸せ?

知り合いに、そこそこのお金持ちと結婚して、かなりな暮らしをしてた人がいます。
別にその人は相手がお金持ちだからって結婚したわけではないのですがね。
でも、周りは羨ましい目で見てました。
お金持ちだから?、、、w
でもね、、旦那さんがうつ病になったんです、仕事のことみたいです。
それで結局は休職、今は無職、、奥さんが働いています。
もともとお金持ちだからって結婚したわけではないから離婚もないし、でも、生活はガラリと変わり、
大変みたいでs、お子さんもいて。
こんな感じで、このケースは違うけど、お金持ちだからって結婚したとしても、
いつ何があるかわからないのです。
ちゃんと自立できるように自分を磨いておいたほうがよほどいいですよ。
自分の生活力を上げておけば、自分がお金持ちになれますからね。

お金持ちとの結婚はイコール幸せか、って、、そうではないですよ、と言うお話でしたー。

ワンコもバカじゃない

買ってるペットのワンコでも、動物病院は嫌いなんですよね。
だから、車に乗ってお出かけーー、までは上機嫌でも、病院の前につくと、
(前に来たことがある、と仮定して)
ガックリと肩をおろしてしまう、、、車から降りようとしない、とかね。
分かりやすいのです。面白いです。
何が怖いかって、やっぱり注射なんでしょうか。
それでも飼い主に連れられて病室(というのか?。。検査室か)に入っていく時は覚悟を決めてるみたいだけど。

これが原っぱとかビーチになるととんでもなくはしゃぎます。
いつも繋がれているから、やっぱり自由に走り回れるって嬉しいんだろうねー。
いくら自由でも家のなか、も好きではないらしいし。

「さぁ散歩だよ」って態度でいるとしっぽがすごいことになるし、「さぁ帰るよ」ってなると今度はいつまでも帰りたくない顔をする。
可愛いねーー。
そして、分かりやすいのです。
さて動物病院に連れてこられたワンコですが、「自分には関係ない」てな顔で、
すごーーーい隅っこで座ってるワンコの写真がありました。
いや、そこは動物病院だしね、、、検査して、おそらく注射するのはあなたですよ(笑)。

子供の声

近所にお孫さんが出来て、といっても同居ではないのですが、時々(ひんぱん?)お泊りに来てます。
外で遊ぶ声などが聞こえてきて、元気でいいのですが、、、寒そうだ。。
でも外に出たい生き物ですよね、子供って。
しゃべるようになったので、よーくしゃべっています。
何を言っているのかはあまりよく聞こえないし、言葉があいまいなのでそれもあって分からないんですけどね。

家のなかのおじいちゃん・おばあちゃんに向けての声など、とっても元気です。
それに加えておもちゃのお供します。
昼間、、晴れていたらずっとですよ、よく飽きないねー、それに、、寒い、、、。
効いてるだけで寒い、、、子供ってすごいね、ほんと元気です、元気すぎ。
おじいちゃん・おばあちゃんが家のなかにいるのもうなづけます、寒いですってーー。

子供だけ外に出て遊んで、大人は家のなかから見守る、、、正解です。
私も外で一緒に遊ぼうとは思わない。
家のなかでぬくぬくと見てるだけ、ですわ。

あれ、、まだまだ続くんだろうなーー、高校生くらいまでは続くのかなーー?

ジョージ6世

ジョージ6世とは、エリザベス2世のお父様。
本当は王様になどなりたくなかった次男。。お兄様が離婚歴のあるアメリカ人と結婚したからキングになりました。
あれ、今のヘンリー王子と境遇はよく似てるけど、彼は次男とはいえ、長男がいることと、
そこにはお子さんが3人もいて、今は王位継承6位です。
だからこそ結婚できたのです。

さてジョージ6世は、吃音で有名でした。
映画「英国王のスピーチ」にもなりましたね、あれは有名な話ですが、クイーンのママが生きてる間は
公に映画化できなくて、なくなったので映画化が進んだと言われています。
吃音は恥ずかしいと思ってたんでしょうねー。
でもある程度治ったようですよ、おーすとtらリア人のドクターによってね、
映画はその時のお話しです。
どうも、幼いころにお兄さんにいじめられたリ、からかわれたり、ナニーにも可愛がってもらえず。
それが原因で吃音になったと言われています。
ナニーも勇気あるなーー、当時は次男だったからな、、、でも、ですね。

ジョージ5世は短い人生でしたが、それは、急にキングになり、戦争を体験し、ストレスがかかったため、とも言われています。
食い0んのママはそう信じていて、お兄さんの奥さん、シンプソン夫人をとても嫌っていたそうです。

小学生のころ

小学生の頃に、よく本を借りて読んでました。
学校の図書室で。
なんだか懐かしい想い出です。
公共の本は清潔じゃない、なんていう親もいるみたいですけど、無料で借りて読むことができるなんてやっぱり便利。
学校のものってなんだか神聖な感じもあってね、なんだかいいのです。

一階の借りたことがないって人もいるようですねー。
でもいい想い出でした。
今も区などで運営してる図書館に通います、たくさんの本があって楽しいところですよ、図書館って。
走り回ったりはしないけど、あそこで走り回るお子さんの気持ちはわかります。
なんだか楽しいところなのです。
(でも騒いではいけません、もちろん)

小学生だったことのことを思い出すなんておかしいのかな?
でもそういうことってあるでしょ?昔を思い出す(昔って!!)。
それは楽しかったから思い出すのです、嫌な事は忘れて、楽しかった、
まだ親に守られてたころって大切な思い出がいっぱい。
あの頃に戻りたいなーー。
今もいいけどね!

ご飯を鍋で。

炊飯器がないときは、ご飯はお鍋で炊くことがあります。
炊飯器がないってどういうこと!?、、かもしれないですけど、外国にいくとないですよね、そういう時です。
スーパーに行けばお米は(それが日本※じゃなくても)売ってます、でも炊飯器までは変えないので、鍋です。
キッチンがある、という」前提で、ですが。

鍋で炊いたご飯も美味しいですよ、保温は出来ませんけどね。
もし、やっぱり美味しくないと感じるのなら、鍋で炊いたご飯でチャーハンにしてしまえばいいです。
美味しいですって!
もちろんチャーハンも造り手によってはダメダメなのもありますけど、だいたいは大丈夫でしょ。
さて、そうなると、炊飯器っていらないのではないか、とも思えてきます。
でも炊飯器ってやっぱり必要、日本人はね。
タイマーでご飯が出来るし、なんたって美味しくたけるように設計できてます。
保温も出来るし、あれってなくてはならないもの、ない家って少ないでしょ。
今は旅行中の話ですからねー。

なので、少し長期になったら旅先でも炊飯器がほしくなります。
矛盾してますけど、これが事実です。

マクドナルド

コロナのことでは、世界中のマクドナルドがクローズ(世界じゅう、でもなかったのかな?)になり大打撃でしたが、
ゆるくなった国では、最初は
「ドライブスルーでなら許可する」
みたいになり、良かった、、とは思ったけど、でも、ドライブスルーをやっていない店舗はそのまま。
お持ち帰り専門ならいい、とかもあったようだけど。

マクドナルドだけに関わらず、ですけどね。

世界の経済はどうなるのか、見守るしかないのだけど。。
本当に悲しいことになりました、でも、人間はこれを乗り切るしかないのだ。

これからも経済をまわして、また元の生活に戻れるようにしていかなくちゃ、なのです。
コロナは完全になくならないから(まだね)、それまでは危機感を持って行動しないとね。

マクドナルドには普段でもいかないけど、それで経済がまわるのなら、、って考え方もできます。
(他にいくけどね、、じっさいには)
例えば、のはなしです、マクドナルドは。

理解できる

個人的に、ですけど、自分も、たとえすごい好きな人がいたとしても、
ずっと24時間一緒に痛いって思わないタイプで、時々不思議がられますけど、
こういうタイプの人っているはず。

そんななか、長島一茂さんがそうでした。
あそこも夫婦仲は良いそうですが、将来は年間三分の一くらいは」別居でいいよね、って話になってるそうです。
この考えに違和感がない。
理解できます。

でも多くの人は理解できなくて、「それはお金があるから」とかなんとか。

いえね、お金の事は考えず、です。
あってもなくても、そういうことが出来るか、出来ないか、だけの思想論です。
私は出来ます。
問題ない、24時間ずっと一緒でそれがずっと続くなんて嫌です。
若い時からずっとこの考えは変わらない。

長島さん、、、決して夫婦仲は悪くない、むしろ仲良しみたいだし、
「離婚はない」
って言いながら、お互いにこういう考えに納得してるんですって。いいですよね。
こういうのがあってもいいと思っています。どうかな。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク